地方から、日本の未来をつくる。

地方から、日本の未来をつくる。

地方には魅力が多く存在しています。しかし、今日の日本は地方から若い世代が去るばかりで、一極集中に歯止めがかかりません。言の葉はスタッフに所縁のある大阪と霧島に拠点を置くことで、しっかりと根を下ろして町の人たちと一緒に、その町の未来をつくっていきます。地方の魅力をしっかり伝え、経済効果を生み出し続けることで、いつの日か日本全国の若者が地元で誇らしく働くようになる。そんな未来を夢みています。

お客さまと、とことん膝を付き合わせる。

お客さまと、とことん膝を付き合わせる。

企業や地域に宿る魅力を掘り下げてPRすることは、うわべでできるものではありません。何度も足を運び、納得のいくまで対話を重ね、少しずつ糸口が見えてくるものだと思っています。言の葉は、お客さまととことん向き合います。ときには生意気も言うかもしれません。それくらいの覚悟を持って、コミュニケーション活動を支援します。

効果・成果にこだわる。

効果・成果にこだわる。

広告などのコミュニケーション活動は、なかなか効果や成果が見えにくいもの。検証されないまま、次の企画が始まってしまうこともよくあると思います。 けれど、本来求められているものは、効果。私たちはプロジェクトに応じた費用対効果の測定を行い、その分析に裏付けされた「企画力」で勝負しています。

プロジェクトごとに、ベストチームを編成。

プロジェクトごとに、ベストチームを編成。

よりお客さまのご要望に応え、効果的なコミュニケーション活動ができるように。私たちは、プロジェクトごとに各地の施工会社やデザイナーといった外部ブレーンと手を組み、最適な陣営を組んで臨んでいます。言の葉には、大阪と霧島はもちろん、主要な展示会が多い東京にも、優秀なブレーンが揃っています。

ページトップ