広告もイベント運営もコミュニケーションのことなら何でも。

わたしたちは、企業・行政・教育機関のコミュニケーションを、企画から製作、運営まで一貫しておこなっています。Web・グラフィック・映像などの一般的な広告制作に加え、展示会やイベントといったリアルコミュニケーションの場を、空間デザインから施工、当日の運営までプロデュースできることが特徴。課題の本質と向き合い、広告主とターゲットの間に存在する、ありとあらゆるコミュニケーションを設計していきます。

広告主(企業、団体) / 広告主のかかえる課題 | 新製品プロモーション、地域活性化、問い合わせUP、展示会での集客UP、企業認知度向上、潜在顧客の掘り起こし、既存顧客との関係強化、事業領域の浸透、CSR、新規事業への参入、CI、VI、海外戦略、ブランディング、マーケットリサーチ、etc...
合同会社言の葉[事業領域] <プロジェクトの進め方> PHASE.1 / ヒアリング | ビジョンや市場環境、現場の声などさまざまな角度から聞かせていただき、現状の課題や、目指す未来像を浮き彫りにしていきます。 PHASE.2 / コミュニケーション・基本方針策定 | ヒアリングした内容と、当社で行うリサーチ結果をもとに、誰に何をどうやって伝えていくかというコンセプトメイキングからプロジェクトメンバーの編成まで行います。またPR後の効果測定方法や、中長期的な運用方法まで、必要に応じてこの時点で策定します。 PHASE.3 / デザイン・制作・施工・運営 | コンセプトに沿った最適なコミュニケーションツールを選択し、各分野で活躍するクリエイターが、いかに「強み」や「らしさ」が伝わりやすくなるかを徹底的に考え、言語化、視覚化していきます。(空間・WEB・SNS・グラフィック・映像)
PHASE.6 / 結果報告・改善案 | 検証、分析結果を分かりやすく整理した報告書を作成し、さらにその改善案までを策定します。 PHASE.5 / 検証・分析 | 測定結果から、効果の上がった項目、課題の残った項目、またターゲットの属性毎のデータなどの事実を整理し明確にしていきます。 PHASE.4 / 効果測定 | WEBや展示会などのコミュニケーションツールを通して、ターゲットの反応を、プロジェクトの目的に応じて効果項目をカテゴライズし、拾いあげます。
ターゲット(企業・人)
ページトップ